Biss20 スーパー記憶ゲーム

Biss20、私のボードゲーム会の初動ではよく使います。
最初らへんは脳みそも疲れていないので、丸暗記は得意なことでしょう。

さてBiss20ってどんなゲームですか?って聞かれたら。世界のナベアツのネタみたいなゲームです。
1-20まで数え上げるシンプルなゲームですが、司令を暗記しなければなりません。協力ゲームですが、とにかく覚えるのに精一杯で周りなど気にする余裕はないですね。笑

【ルール説明】
1-20までかかれた数字カード、1-40までの司令カードがあります。

まず最初の司令として、2枚の数字カードをOPENします。
例 7と19の場合。その順番がきたときに逆に宣言します。

1-2-3-4-5-6-(19)-8-9-10-11-12-13-14-15-16-17-18-(7)-20と順番に宣言していきましょう。

そしてこれを1ラウンドとしてカウントします。

1ラウンド終わったら数字カードと司令カードをOPENします。

例えば10の数値と38番(頭をかく)の指令カードを引いたら。その数値の時に数字を宣言する代わりにその指令を実行します。

1-2-3-4-5-6-19-8-9-(頭をかく動作)-11-12-13-14-15-16-17-18-7-20

尚、以前までの指令も引きつぐので7⇆19も引き継ぎます。

そしたら、同様のことを繰り返します。
6の数値カードと7の指令カード(あしでドンとする)をOPENしたら

1-2-3-4-5-(あしドン)-19-8-9-(頭をかく動作)-11-12-13-14-15-16-17-18-7-20

と続けていきます。

尚、誰かが失敗したら。その人が1から数えてラウンドをやり直します。
3秒以内にできない場合も失敗になります。シビアですね!

【playした感想】
このゲーム、最初は簡単じゃないか・・と思うんですけど。2-3回目くらいでこんなゲーム難しくて無理みたいな声をよく聞こえます。笑

なお、残りライフみたいにそれぞれ与えて、対戦みたいにすることもできます。

尚、海外のゲームであり翻訳された内容が一緒についてきますが、下の写真のように、付箋で貼っておくとゲーム中ではやりやすくて便利です。

コメントを残す